メインコンテンツへスキップ フッターへスキップ

 

GRE® 一般テスト

大学院、経営大学院、法科大学院で1回のテスト

ステップを選択して、GRE® 一般テストの詳細を確認してください。

 

自宅でのテスト

自宅でのGRE一般検査は、検査センターではなく自宅で検査を受けることを好む検査実施者にとって安全で便利なオプションです。お客様の口座住所の国に基づいて、テストは通常、どこでも利用できます。

自宅での検査は、検査センターで受ける検査と同じで、自宅または別の安全な場所で自分のコンピュータで受ける検査と同じです。自宅でのすべての検査は、人間のプロクターによって監視されます。自宅での検査は24時間365日ご利用いただけます。

 

ビデオ再生ボタン ホームプロセスからのテスト全体のビデオ

その仕組み

以下を含む自宅からのテストプロセス全体のプレビューについては、GRE 一般テストの自宅ビデオをご覧ください。

  • 機器および環境要件
  • 登録プロセス
  • 検査日に期待すること
  • 検査後

トランスクリプトを見る

機器および環境要件

自宅で検査を受けるには、コンピュータと検査室が以下の要件を満たしている必要があります。検査日にこれらの要件を満たさなかった場合、検査を行うことはできません。また、払い戻しや無料のスケジュール変更を受けることはできません。

中国本土で自宅で検査を受ける予定がある方は、takethegre.cn

 

登録の準備はできていますか?

コンピュータとテストルームが機器と環境の要件を満たしているとすでに判断していますか?

以下のリンクのいずれかを選択して、ETSセキュアブラウザをダウンロードします。

次に、ファイルを実行してインストールを完了します。ブラウザで機器チェックボタンをクリックして、機器がテスト日の準備が整っていることを確認します。

ETS Secure Browser の実行時に何が期待できるかについては、以下のスクリーンショットをご覧ください。

 

ETS Secure Browserが正常にインストールされたことを確認するウェブサイトのウェルカムページのスクリーンショット。最適なパフォーマンスのために機器チェックを実行するようユーザーを招待する、目立つ行動喚起ボタンが含まれています。

ETSセキュアブラウザを開くと、このウェルカム画面が表示されます。ここから機器チェックを実行できます。

 

機器の一部が故障した場合の機器チェックの結果を示すスクリーンショット。Webカメラ、マイク、システム、ネットワーク、ソフトウェアを表す1つ以上のアイコンには、赤い三角形が含まれます。問題のトラブルシューティングのヒントは、以下に記載されています。

機器チェックが完了すると、機器のステータスが表示されます。いずれかの部品が故障した場合は、赤い三角形のステータスインジケータと、問題を解決するためのヒントが表示されます。

機器チェックには帯域幅の確認も含まれます。帯域幅は時間帯やネットワークの利用状況によって異なるため、機器チェックを数回実行して、どの時間帯が最適かを確認します。また、週のうち(テスト試験日と)同じ曜日の同じ時間帯にチェックを作動する確認作業も行なってください。それにより、テスト受験時に極力近い環境での帯域幅を確認できることになります。

 

すべての機器が要件チェックに合格したときの機器チェックの結果を示すスクリーンショット。Webカメラ、マイク、システム、ネットワーク、ソフトウェアを表すアイコンには、すべて緑色のチェックマークが付いています。

機器チェックに合格すると、おめでとうございますのページが表示されます。

チェックが失敗し、自分で問題を解決できない場合は、機器チェックサポートにアクセスしてトラブルシューティングのヒントを確認してください。

機器要件

  • デスクトップまたはラップトップコンピュータ。タブレット、Chromebook、またはモバイルデバイスは使用できません。
  • 複数のモニターまたはデュアルスクリーンは許可されていません。
  • 承認を受けたオペレーティングシステムで認可を受けているもの。認可を受けていないシステムやテストモードバージョンは許容されません。
    • PC: Windows®オペレーティングシステム、バージョン10以降
    • MAC®:Mac OS X®10.13以降
  • Chrome または Firefox® ブラウザ。

 

  • 内蔵のあるいは外部のスピーカーを使用して監督官の声を確認してください。
  • ヘッドセットやイヤホンは許可されていません。

  • ヘッドセットの一部ではない内部または外部マイクを使用して、プロクターと通信します。

  • コンピュータに内蔵されたカメラ、または別のウェブカメラとすることができます。
  • テストの前に、テーブルトップの表面を含む部屋の360度のビューを表示するには、カメラを移動できる必要があります。

環境およびテストスペースの要件

  • 室内では受験者一人が入室し、テスト中の第三者の出入りは許可されません。
  • 公園、インターネットカフェ、レストランなどの公共の場で検査を受けることはできません。
  • 室内のドアはすべてテスト開始前に閉じてください。

  • コンピューターとキーボードは机の上に設置するか、その他の卓上表面を使用してください。
  • 監督者が室内のドアを確認できるように机と椅子を配置します。監督者は、チェックイン時にドアが見えるような机と椅子の配置変えを受験者に求めることもあります。
  • 卓上表面とその周囲の空間はすべて整理し、携帯電話・カメラ・教材を含めてテスト中にその使用が許可されない物品は何も置かないようにしてください(ただしチェックインの際に使用する物品は許可されます)。室内の家具や装飾は取り外す必要はありません。
  • 標準的な椅子に座る必要があります。ベッド、ソファ、または詰め物の多い椅子に座ったり横になったりすることはできません。
  • 検査中の飲食は禁止されています。

  • 検査中、髪や帽子、その他の物で覆われず、耳が見えるようにする必要があります。テスト中に耳が見える状態であれば、宗教に関わる覆いは許可されます。
  • フェイスマスクは、チェックインと自宅でのテスト受験の際には使用しないでください。
  • 検査には適切な服装をしてください。監督官がカメラであなたをモニターし、あなたの写真はあなたのスコアを受け取る機関と共有されます。
  • ジュエリー、ネクタイクリップ、カフリンクス、装飾クリップ、コーム、バレット、ヘッドバンド、その他のヘアアクセサリーは着用しないでください。

  • セキュリティ上の理由から、通常の紙にメモをとらない場合があります
  • メモを取るには、次のいずれかを使用します。
    • マーカーを消去できる小型デスクトップ・ホワイトボード 1 枚
    • 透明シートプロテクター内に1枚の紙、消しゴム付き。鉛筆やペンは許可されていません。
  • テストの最後に、すべてのメモが消去されたことを監督官に示す必要があります。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink